本文へ移動

橋コンクリートジョイント部の欠損部補修

橋コンクリートジョイント部の欠損部補修

施工前後工程

着工前
No.1-1 施工前

No.1-2 施工前
No.2-1 常温合材の斫り作業
No.2-2 常温合材を可能な限り取り除く
No.3 水のをしみ出しを確認した
No.4 補修部分のブロアーでの清掃
No.5-1 補修部分の乾燥作業
No.5-2 乾燥後、
ポットホール状況
No.6-1 ラバファルトの塗布
No.6-2 外周部分に常温ラバファルトを塗布
 
No.6-3 ラバファルト塗布完了
No.7-1 ラバアスコンを加熱混合する
No.7-2 ※ この場合は、サイズ 「10~5mm・5~2.5mm・粗目砂」を 1:1:1 で 加熱混合した。
No.8 ラバアスコンを敷きならす
No.9-1 タンパで突き固める
No.9-2 外周部分をゴムハンマーで突き固め
No.10 外周部分を常温ラバファルトでシールする
No.11 周りのひび割れを常温ラバファルトでシールする
No.12 完了

施工後 追跡写真 

写真をクリックで別ウィンドウで拡大します
別ウィンドウ拡大
令和元年08月19日撮影
施工後
別ウィンドウ拡大
令和元年09月30日撮影
施工後1か月
令和元年11月30日撮影
施工後3か月
天候が良くても、
水が溜まりやすい箇所
令和2年02月25日撮影
施工後6か月
天候が良くても、
水が溜まりやすい箇所
別ウィンドウ拡大
令和2年05月27日撮影
施工後9か月
天候が良くても、
水が溜まりやすい箇所
令和2年08月31日撮影
施工後1年経過

令和3年03月01日撮影
施工後1年6か月経過
施工箇所端部から
若干剝がれあり
令和3年07月06日撮影
施工後1年10か月経過
施工箇所端部から
剝がれあり
追跡写真現場へ
ラバファルト株式会社
〒349-1135
埼玉県加須市北平野330
TEL:0480-72-3501
 FAX:0480-72-7504
-------------------------
フィラー入り特殊アスファルトの製造
「特許第4216874号」
「特許第3719600号」

上記に関わる販売、施工
============
オーバーレイ前のクラック抑制(アスファルト舗装、コンクリート舗装)
============
パッチング前のクラック抑制・舗装のハガレ防止(アスファルト舗装、コンクリート舗装)
============ 
橋床版・Boxカルバート部の防水層(コンクリート床版、鋼床版)
============ 
クラック・目地のシール(アスファルト舗装、コンクリート舗装)
============
段差修正・振動を小さくする(アスファルト舗装、コンクリート舗装)
-------------------------
 
TOPへ戻る